ピースフルデイズ

KAT-TUN上田が大好き、の上に成り立つDDのひとりごと

10ks!

日付が変わってしまったが、デビュー10周年の記念日である昨日、ベストアルバム10ks!が発売された。





デビューシングルであるReal Face、これが発売されたのが10年前とは思えないほど古さを感じない。







いつもeighterの後輩から、KAT-TUNの曲は全部かっこよくてうらやましいと言われていたが、やっぱり
自分で聴いてもかっこいいと改めて感じた。








今回の10ks!
なんといってもhyphen selectionとVideo Clipsが魅力である。







とりあえず感想としては、曲は時代を感じないけれど映像は時代を感じる、ということだろうか笑







hyphen selectionは、笑ってしまうほどファン心理は一致しているんだな、ということ







こう来たか、というものがほとんどない一枚。

私が投票したもののうち、入っていない曲もそれは当然あったが、でも出来上がりに納得の一枚だった。









Video Clipsに関しては、曲の移り変わりと、人数の変化を目と耳両方でしっかりと確認することができた。





赤西くんがいなくなったことはやっぱりKAT-TUNの楽曲にも大きな変化をもたらした。




特徴とも言えるダークさ、これは赤西くん脱退以降、すっぽりと抜け落ちたように消えた。
そして分かりやすい色気も(主にダンスに見られる)。




ただ、人数が減っていき、彼らも年を重ねていくにつれて、身に纏うオーラ的なものも変化していく。




それが良い変化であったことは、ファンからみたら確かだったのではないかと思う。





変わらないものはないから、より良い変化であってほしい。




KAT-TUNの6人は、それをこの10年で示してくれた。





それだけで十分だし、今後もずっとその姿を見せてほしいと願う。














しかしながら、当時感じていたこと、改めて気づいたこと多々あったが、なぜ10年前の私は赤西くんに惚れなかったのか、そのことに首を傾げる一日となった。

広告を非表示にする